メニュー

5年後、大きな差が出る経営計画の作り方 | 『池永経営会計事務所』福山市で顧問先増加数No.1の税理士と紹介されました。

2. 5年後、大きな差が出る経営計画の作り方

10年後に、お客様の会社、あるいはお客様ご自身が、
経営者としてどうなっていたいというイメージをお持ちでしょうか。

人の脳は、「現実」と「想像したイメージ」を
区別できないと言われています。

現実にレモンをかじると当然唾液が出ますが、
実は、想像しただけでも唾液は出るのです。

良く熟れたレモンをナイフで切り、
そのレモンの果汁が飛び散る・・・
そんな場面を具体的にイメージしてみてください。

酸っぱく感じて唾液が出てきませんか?

これは、未来を思い描く場合も、同じことが言えます。

成功したイメージを具体的に持つと、
脳が「現実に成功した」と誤解し、
前向きなアイデアや戦略が次々と出てくるようになるのです。

より具体的にイメージできるように
トレーニングする方法があります。

10年後には、会社として、こんな事業を、
この地域で、このようなサービス・商品を提供していて、
スタッフは○人くらいが頑張ってくれている。
自分自身も経営者として、日々こんな風に充実して
采配を振っている。

このような具体的なイメージが頭に浮かぶことが、
成功への第一歩です。
10年後がありありとイメージできるようになれば、
その計画達成へ3割は近づいたと言ってもよいでしょう。

10年後をイメージしていただくために、
私たちはお客様に丁寧にヒアリングをさせていただきます。

  • 何のために会社経営をしているのか?
  • どうなりたいか、目標は?
  • 目標達成の障害になることは何か?
  • 何が得意か?
  • やりたい仕事は何か?また、やりたくない仕事は何か?

などなど。

そのためには、毎月課題を出させていただきます。

このような、10年後の目標(登る山)を明確に決めてこそ、
1年1年の計画が立てられます。
登る山が決まっていないのに、
“今日どのルートをどこまで”なんて決められません。

実際、私たちとお付き合いをいただき始めて
急成長している会社様が何社もいらっしゃいます。

そういった会社様は、成長への潜在能力をすでにお持ちでした。
ただ、うまくリソースや行動の歯車が噛み合っていませんでした。

私たちが潤滑油となり、
眠っていた潜在能力や、
リソースを使う順番、方向性などを
見定め、一緒に決めていったこと。

これが効いているケースが多いと思っています。

大きな山を目指し、登り始めた最初は、
わずかな変化しか見られない会社様もいらっしゃいます。

しかし、この小さな変化で方向性が変わり、
明らかな変化となるのが、1年後、3年後・・・。

5年も経てば、大きく変わってきていることが
目に見えて分かります。
スタッフの皆様も経営者様ご自身も、
ワクワクしているのを感じていただけることでしょう。

お問い合わせは今すぐ!084-931-1428