メニュー

経営者が知らない、資金調達のコンサルティング | 『池永経営会計事務所』福山市で顧問先増加数No.1の税理士と紹介されました。

5. 経営者が知らない、資金調達のコンサルティング

今、金融機関の融資姿勢は極めて積極的、
言葉を変えれば、貸付のハードルがすこぶる下がっている
「金融緩和」の状態です。

とは言っても、貸した以上は返してもらわねばなりませんから、
返済計画が立てられない会社へ貸してくれるところはありません。

資金調達については、経営初心者、経営中級者、
年商数十億円規模の中堅企業とに分けて考えることが現実的です。

①経営初心者、起業したての方、これから起業する方など

これから成長していく初歩段階の事業者・会社の場合には、
実績がほとんどありません。

借入を起こしてその資金で事業を開始し、
収支(採算)が取れるか、
借入金の毎月の返済ができる収支計画、利益計画が立てられること。

そして、その計画書の内容をご自身の言葉で
金融機関担当者に説明できることが大切です。

税理士任せでは信用してくれません。

また、利益計画書の中で一番注目されること。
それは、売上高の実現可能性です。

  • 売上高の獲得が本当にできるか
  • 根拠があって、その売上高計画がはじき出されているか

などが、一番チェックされると思っておいてください。

そして、融資をお願いに行く金融機関は、
地元の信用金庫、信用組合、地方銀行まで。

三菱UFJ、みずほなどのメガバンクは、
通常は相手にしてくれませんから。

また、開業当初、融資してくれやすいのが、
国が運営している日本政策金融公庫です。

年に一度は、私たちの事務所にて、
「一日金融公庫」なる融資相談会も開催しています。

パイプを持っていますから、融資のご相談をお受けしやすいです。

②借入経験が何回かおありの会社様

何年も経営されてこられ、借入金の返済実績もおありの会社様です。 
今はたいへん金融が緩んでいますから、
例えば自己資本の10倍も20倍もの融資が受けられることもあります。

しかし、平常時には、自己資本額の4~5倍までの借入額が限度なのです。

多額に融資を引き出したい、金利を低くしたいという場合には、
いくつかのコツがあります。

1つは、御社の決算書の銀行内での評価点がアップするように、
見栄えの良い、筋肉質の決算書にする方法があります。

決算前に一時的に、定期預金と借入金を相殺するなど、
いくつかの決算書引き締め策により、評価点をアップすることが可能です。

この評価点アップ策のご提案も随時させていただきます。

他には、抽象的に言うと、こちらから借りに行くよりは、
金融機関の方から「借りて欲しい」と来てもらうことです。

そのためにはいくつかの方法がありますが、この場では書きません。
その手がお使いいただけるケースには、ご提案させていただきます。

③中堅企業

年商も数十億円、留保利益も5億円以上となり、
ますますの成長が期待できる会社様です。

通常の地方銀行、メガバンクとの取引が、
すでにおありだと思います。

有利な融資を引き出すためにも、
決算書を筋肉質にして評価点をアップする施策を
ご提案・実行します。

そして、通常の融資を超えて、返済不要で、
将来資本金に振り替わり、株式の承継対策にもなり、
数十億円単位の資金導入が可能になる公的制度のご提案もしています。

投資育成会社、ひろしまイノベーション推進機構
などからの資金調達です。

このように、様々な融資例を経験値として持っています。
御社に合わせたコンサルティングをご提案させていただきます。

お問い合わせは今すぐ!084-931-1428