『会社の4つの出口』


 社長様へ、会社の4つの出口をご説明します。

 出口とは、経営者が将来、高齢になってきて会社から身を引かなければならない

状態になった時、会社をどうするかという方法のことです。

  1. 株式公開する

  2. 親族へ承継する

  3. 解散・廃業する

  4. M&Aによる売却

                                               お問い合わせはコチラ

 1つは、『株式公開する』という方法です。

 上場する、店頭公開する。このケースは、会社が1000社あるとすれば、1社達成で

きるかどうかの狭き門です。伸びる事業で、かなりのエネルギーを投入して、大きな

リスクを背負いながら目指さなければなりません。

 上場企業になれば優秀な人材も集まりますから、親族の中に適当な後継者がいな

くても、社員の中から次期社長は見つかるでしょう。

 

 2つ目は、多くの会社が目指されています『親族への承継』です。

 しっかりした子供さん、むこさんがいらっしゃれば、OKです。しかし、子供さんがいらっ

しゃらない。子供さんがいても、すでに他の職業についてしまっている。後継ぎをさせる

のは、能力からみてムリ。本人も不幸になるケースがあります。

 

 3つ目が『解散・廃業』です。

 後継者がいないから、固定資産を売却して、事業を廃止してしまう。借金が全部返せ

て、社長の退職金もとれて、残余資金が残ればいい方だと思います。しかし、機械や在

庫、得意先など会社が存続していれば生きている財産が、廃業によりほとんど無価値と

なってしまいます。もったいないことになります。得意先にも迷惑をかけることになります。

社員も、今の職場を失うことになります。得意先様も社員も、次の会社を探すこととなり

ます。

 

 そして、今の時代は4つ目の選択肢がとりやすくなっています。

 『M&A』です。

 会社や事業を他社に買い取ってもらうことです。M&Aといえば大げさに聞こえますが、

今の時代は年商1億円以下の会社でも、買い取ってもらえる時代となっています。買い

取りたい会社はたくさん存在しています。

 買い取ってもらえば得意先や社員にも迷惑をかけなくてすむし、会社の売却代金が手

に入ります。

 債務超過の場合は会社を引き継いではもらえませんが、得意先や社員を譲渡する、営

業譲渡するという方法もとれます。選択肢の一つとお考え下さい。

 

 M&Aを仲介してくれる機関をご紹介できます。

 必要な時には、お問い合わせ下さい。                        お問い合わせはコチラ