メニュー

不動産登記に関して、税理士を交えて相談できます | 『池永経営会計事務所』福山市で顧問先増加数No.1の税理士と紹介されました。

4. 不動産登記に関して、
税理士を交えて相談できます

不動産登記、土地建物の名義変更は
法律・登記原因の選択・税金・節税など多くの事を
総合的に判断することが重要です。

一つの場当たり的な知識では、総合的に判断できずに、
残念ながら大失敗される方もいらっしゃいます。
そのことにご本人様が気づいていないことも多いのが現状です。

例えば、贈与される理由はさまざまですが、
不動産贈与で最も気を付けなければならないのが、贈与税です。
ただし、贈与税には非課税措置や軽減措置がございますので、
それらを上手く使うことが重要です。

贈与税の申告が必要となる場合には、税理士と連携し、
解決いたしますのでご安心下さい。

また、一つの専門家だけでは総合的に判断することが難しいため、
私たちは、各種専門家と「事案の共有と総合判断」により、
皆さんにあった解決方法をご提案させていただいております。

贈与の契約書の作成、不動産贈与の不動産登記手続を承ります。
贈与には相続対策、節税対策、
ご自身の意思の実現といったメリットがあります。

相続は相続人以外に財産を引き継ぐことはできません。
また、相続人に財産を引き継ぐ場合でも、
何もしないでいると法律で配分が決まってしまいます。

遺言で意思を表示することもできますが、
自分の意思どおり実現したかはご自身で確認することはできません。
ご安心されるためには生前の贈与をお勧めします。

そして贈与は節税にもなり得ます。
一般的に贈与税は高く、負担は大きいものですが、
うまく控除を利用すれば、節税効果が得られます。

特に相続税対策は、
生前からの長期的計画をもって
贈与を行うと有益です。

あらかじめ、ご親族に財産を譲っておけば、
ご自身にもしものことがあった場合に、
親族間で争うことを防ぐこともできます。

仲が良かった家族が、相続が原因で疎遠に・・・という事例は
思いのほか多いです。
そうならないためにも、生前贈与を有効活用しましょう。

お問い合わせは今すぐ!084-931-1428