メニュー

民事信託で上手に財産を守る方法 | 『池永経営会計事務所』福山市で顧問先増加数No.1の税理士と紹介されました。

5. 民事信託で上手に財産を守る方法

民事信託とは個人的な信頼関係を活用した
財産管理・資産承継の手法です。

一般的に「信託」というと、
信託銀行や信託会社が行っている
「お金持ち向けの資産運用」のようなイメージですが、
「民事信託」はまったく異なる制度です。

「民事信託」とは、お金を増やす手法ではなく、
生前の遺産分割・ご自身が亡くなった後の
お墓の管理・家や会社の跡継ぎ計画といった
「身近な財産管理・承継」のための手法なのです。

例えば、先祖代々の土地を直系血族に継承したい方が、
民事信託を利用することで、民法に縛られない
ご希望通りの資産承継が可能となります。

また相続税対策の場面でも利用できます。
民事信託を活用することで、将来万が一
認知症などで意思表示が困難になっても
子や孫へ金銭贈与を継続することができるのです。

そして、会社経営をされている方向けには、
民事信託を活用して会社の円滑な承継を行うことができます。

会社を承継させたいが後継者にまだ不安がある場合は、
株式を後継者に渡すが、信託することで
実質的な運営は現社長が行うという方法があります。

反対に会社の円滑な運営を確保するために、
経営者本人が認知症などで意思表示が困難になったとしても、
議決権を行使できるように後継者に株式を信託する方法もあります。

民事信託を利用すれば、
遺言書では叶えられないことや成年後見制度ではできないことにも
柔軟に対応し、より多くの要望に応えることができます。

しかし、決して信託制度も万能ではなく、
遺言書の作成や成年後見制度を利用して目的を達成できる時には
そちらを活用し、信託が必要な場合に、
信託制度の本来の目的を見失わずに利用することが必要です。

お問い合わせは今すぐ!084-931-1428