メニュー

相続税って、どのくらいかかるの?節税できるの? | 『池永経営会計事務所』福山市で顧問先増加数No.1の税理士と紹介されました。

3. 相続税って、どのくらいかかるの?節税できるの?

相続税は、どのくらいの財産からかかるの?

相続税は、財産を相続したすべての人に
かかるのではありません。

相続する財産の総額が一定額を超える場合にのみ、
申告して相続税を納めるという仕組みになっています。

相続税には、「基礎控除」というものがあります。
財産の評価額が基礎控除の金額以下であれば、
相続税はかからず、税務署に対する申告も必要ありません。

現在、相続税の基礎控除の額は、
3,000万円 +(法定相続人 × 600万円)です。

例えば、
◆相続人が配偶者と子供3人の場合の基礎控除額は、
3,000万円 +(4人 × 600万円)= 5,400万円

この場合、相続財産が5,400万円以下であれば、
相続税は一切かかりません。

また、申告の必要もありません。

相続税、こんな場合には軽減できます!

相続税には、それぞれ要件を満たすことによる
減額の規定もあります。

※税制改正等により、廃止・要件の変更等がある場合があります。
必ず専門家にご確認ください。

●配偶者の税額軽減

配偶者については、被相続人の財産形成への貢献や、
被相続人の死亡後の配偶者の生活への配慮などから、
法定相続分または課税価格1億6,000万円までの財産を相続しても、
相続税が課税されません。

●小規模宅地の評価減の一例

マイホームの土地建物を相続した場合は、
330m2までは相続税の課税対象となる評価額を80%減額できます。

●特定事業用資産の特例

相続又は遺贈により、
一定の取引相場のない株式等を取得した場合には、
一定の要件のもと、
その株式にかかる相続税の課税価格が減額される制度です。

●相次相続控除

短期間(10年)の間に相次いで相続が続くと、
相続税を支払う人にとって負担になるので、
相続税額から一定金額を差し引くことができます。

●未成年者控除

相続人が未成年者の時は、
相続税の額から一定の金額を差し引くことができます。

●障害者控除

相続人が障害者の時は、相続税の額から一定の金額を差し引くことができます。

●贈与税額控除

贈与税と相続税の二重課税を防止するために設けられています。

お問い合わせは今すぐ!084-931-1428