1. ホーム
  2. コンテンツ

◆ 労務トラブル・モラルサーベイ ◆

si4.jpg

 

終身雇用の崩壊、インターネットの普及や労働者側の権利意識の向上などにより、近年、労務

トラブルが急増しています。

労務トラブルに不適切な対応をしてしまうと、その後、従業員が労働基準監督署に駆け込ん

だり、労働組合に加入し、団体交渉を申し込んでくるなどと、事態が大きく発展してしまうこと

があります。

労務トラブルが発生してしまった場合は、大変多くの時間・コスト・心労を費やすこととなり、

本業に支障をきたす場合もあります。

「いかに効率的に収束させるか」という視点と、「再発防止策の構築」が重要となります。

 

もし、ある日、従業員から未払い残業代の請求があり、監督署から支払いの指導をされたら、

どう反論すればよいか、見当がつかないことでしょう。

 

こんなとき、全面的に味方をしてくれる人物がいて、非難の矢面に立ち、交渉・事務処理をす

べて行ってくれたらどうでしょうか。

 

労務トラブルが起きた場合、慌てて不必要に妥協する必要はありません。

まずは、労務のスペシャリストである社会保険労務士にご相談ください。

 

日々重圧と戦っている経営者のサポートをし、理不尽なことに対してしっかり戦っていけるよ

うに準備・支援します。

私どもは、単なる法律論ではなく、経営者の気持ちを十分に汲んだ、血の通った解決方法の

提供を心掛けております。

 

また、モラルサーベイとは、組織・職場管理に対する従業員の態度や満足感、問題意識等を

調査するための方法を総称する言葉です。

一般的には「士気調査」「従業員意識調査」「社員満足度調査」などと呼ばれています。

従業員が会社や仕事についてどのように感じているか?

現状に対してどの程度満足しているのか?

などを理解し、社員がより良く働ける環境作りや企業の理念、今後の方向性に社員を向か

せるための様々な施策を検討する基礎資料として活用することができます。

 

si_line.png