1. ホーム
  2. コンテンツ

新着セミナー情報

<ビジネスリーダー養成講座>売上高を意味のある構成要素に分解する

勝てる打ち手・ブラッシュアップする箇所をみつける!

 

売上高は必ず、何かと何かの数値に分解できます。
例えば、「客数×客あたり購入数×販売単価」といったようにです。

この分解した各構成要素のどこかが低いと、掛け算の結果としての売上高は当然少なくなります。
これらは、業態や販売方法によっていくつもの分け方ができますが、意味のある分け方が大事です。

そして、どこが弱いか、どこを伸ばせばよいかが分かれば、売上高を大きく伸ばせるケースが出てきます。

今回は、売上高の構成要素への分解の仕方・考え方をお伝えします。
売上を伸ばしたい、マーケティングや営業上の何か新しいアイデアを見つけたい、とお思いなら、奮ってご参加下さい。

■■■ セミナー内容 ■■■

顧客数   ×   販売単価   ×   数量
 →新規客数     →値引き       →買い上げ点数
 →既存客数     →販売費       →まとめ買い数
    →来店頻度
    →顧客年数  

広告反応率  CPI  CPO  LTV(顧客生涯価値)
市場シェア率  In Client Share
紹介率  紹介8ステップ  信頼度=接触頻度×高感度
店売上=看板認知率×興味率×入店率×客単価×リピート率×紹介率

入会率・大会率 → 来店間隔、契約年数
通販指数  メディアレーション比率  リテンション比率

様々な業態の売上高の要素別モデル化の例をお伝えします。
日時:  2017年6月28日(水) 午後4:00 ~ 午後6:00 (午後3:30開場)
会場:  池永経営会計事務所 ソクラテスホール2Fセミナールーム
講師:  池永 章(税理士・経営士)
受講料: 3,000円(税込)     ※当日受付にて申し受けます。
定員:  20名
お問い合わせ:  TEL084‐931‐1428(担当:古海(ふるみ))   

クラウド会計"超"実践講座

数字をまとめる業務から
経営に活かす業務へ!

 

ここ数年で、「クラウド会計」「FinTech」といった言葉が急激にメジャーになりました。
しかし、「ITには詳しくないから・・・」と敬遠されたり、「便利なのは知っているけど、自社で使いこなせそうにない」と思われたりする方が多いのではないでしょうか。

経理の仕事は、細かくて煩雑で、手間がかかるものです。
しかし、御社の大切な数字を扱うこの業務を、いかに正しく、そして早く進められるかが、結果として御社の様々な生産性を上げることに繋がります。
手間をかけず、軽軽データをタイムリーに収集して分析することができたなら、浮いた時間と有益な分析データは、新たな売上アップの戦略に活用できます。

クラウド会計と言えば、「経理の仕事がラクになる」というイメージが強いですが、事業拡大の新たな基盤になる、という認識でご利用頂きたいと思っています。

経理の職場改革だけでなく、効率化で空いた経営者・経理担当者の時間を、よりレベルアップした仕事に充てたいとお考えの方、是非ご参加下さい。

日時:  2017年6月21日(水) 午後6:30 ~ 午後8:30 (午後6:00開場)
会場:  池永経営会計事務所 ソクラテスホール2Fセミナールーム
講師:  鉄本 一生(中小企業診断士)
受講料: 3,000円(税込)     ※当日受付にて申し受けます。
定員:  20名
お問い合わせ:  TEL084‐931‐1428(担当:古海(ふるみ))