1. ホーム
  2. コンテンツ

所長プロフィール


いけなが あきら
池永 章

著書はコチラ>>
オススメ本はコチラ>>

池永経営会計事務所 代表取締役
税理士・経営士
株式会社経営計算サービス 代表取締役


福山法人会顧問。福山商工会議所研修会講師。
税理士暦21年。法人税、所得税、相続税の節税指導では、定評がある。
NLP、心理学、言語学、認知学を取り入れたコンサルティング手法により、顧問先を指導。絵に描いたモチにならない経営計画策定、お金を残すための財務戦略の実行により、顧客企業を強力にサポート。資金会計、マーケティング、マネジメントなどのセミナー、個別相談を精力的にこなす。また、こまめな節税対策、妥協しない税務調査では一目置かれる。

2002年以降、毎年30数社の顧問先が増加。顧問先数約610社(法人・個人計)自らが経営者であるため、現場に根ざした経営の相談ができる税理士、コンサルタントとして、相談依頼が急増中。福山地区では3年間で顧問先を100社以上増加し「顧問先増加数では地元でトップ」〔(株)東京商工リサーチ調べ〕
今、成長志向の経営者から厚い支持を受けている。


1959年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
2004年
2005年



2007年









2008年





2009年
(昭和34)生まれ
横浜国立大学経営学部卒業
税理士試験合格
税理士登録
池永会計事務所を開設
ファイナンシャルプランナー登録
NLPマスタープラクティショナー認定
『決算書の意味がわからない社長のための会社にお金が残る経営』を出版
現在21,500部発行。実務ビジネス書ベストセラーとなる。
2作目 『月収100万円超 社長のルール』を出版
現在10,000部発行。
「成長企業と学ぶ会」を主宰
『こんなにカンタン!決算書が「ぬり絵」でスラスラわかる本』
(日本実業出版社)を出版。現在9,500部発行。
『なぜ、アイツは稼ぐ社員になれたのか?』
(PHP研究所)出版。現在7,000部発行。
財団法人大蔵財務協会「税のしるべ」に、
コラム「伸びる会社にする」を連載
『はじめての経営』を小川幸信と共著(明日香出版社)し出版。
現在6,000部発行。
相続手続支援センター広島県東部支部を立ち上げ、支部長に就任
大蔵財務協会より『中小企業 経営の誤解』を出版。
現在2,000部発行
岡山市に相続手続支援センター岡山支部を立ち上げ、
支部長に就任。
池永経営会計税理士法人を設立し、代表社員に就任。
本社事務所の南向かいに多目的セミナールーム「ソクラテスホール」を建設。
『売上が50%ダウンしてもお金が残る経営』(明日香出版社)を出版。
現在11,500部発行、増刊中。
福山税務署よりオンラインの利用促進に功績があったとして表彰される。






ごあいさつ



はじめまして。
代表の池永章と申します。

これから、私と当事務所の姿勢をご説明します。

池永経営会計の前進は私の祖父がやっていました税理士と司法書士の事務所です。

父は仕事を実質的にやってましたが、資格は取れませんでした。
それで、池永家の命を受けて、私が資格をとったのです。
その時には、55キロまで体重が落ちました。
一日中勉強していた時期です。

当事務所は、幹部社員の優秀な人たちに後継してもらいます。

他の大御所税理士をみると、無理して息子にあとを継がせようとして、税理士にも経営者にも
向いてないが故に、うまくいかない、当人にも顧問先様にも不本意な例がよくあります。
それで、私の息子には後継の話は何も言いませんでした。
息子は全く別の道に進んでいます。

今総勢40人のスタッフになりました。
「福山で一番の事務所ですね」とも良く言われます。
「うちも業界でそうなりたい、秘訣を教えて欲しい」と言って、顧問依頼に来られるお客様も
いらっしゃいます。ありがたいことです。

しかし、順調に成長し続けてこれた訳ではありません。

まず一番の停滞期は、開業後7年くらい立った時です。
飽きや、責任の重圧感に苛まれるようになってきたのです。
そんな数年を過ごしました。
そして、36歳の時、朝起きてみると突然、左耳の聴こえが悪くなったのです。
突発性難聴との診断もありました。

そうすぐに良くなる病気ではありません。長期戦で徐々にです。
結局、3年くらいの期間、民間療法も含め各地の医療期間を点々としました。
この期間が一番体力も精神的にも辛かった時期です。そして、どんなに辛い時期でも
ルーティンワークのやるべきことだけはきっちりやることの大切さが分かったのもこの時期が
あったからこそです。

今、辛い時期を過ごされてる方もおありかと思います。

辛くて逃げ出したいときもあるでしょう。
誰もこの大変さを本当には分かってくれなくて、一人で戦ってらっしゃる方もおありでしょう。
こんな時期は、やるべきルーティンワークだけはしっかりやって、あとは体と心の休息を取る
ことです。休むことがエネルギーの回復を待つための積極的な行為となります。

私の場合には、それから三年くらいでエネルギーが戻ってきましたから、色んなチャレンジを
また開始しました。新しい変化を起こし始めたのです。
その時、残念なことに、15年勤めてくれてた幹部社員が離反、退職して行きました。
悲しいことです。
革新の時期には、船から降りて行く人が出るのは、仕方のないことなのかも知れません。

マネジメントの難しさ、トップとしての未熟さを実感した体験です。
そして、経営サポート系会計事務所へ変化していくに当たって、幸運だったことは社内に
積極的協力者が二人いたことです。

組織を作り、成長していくには、社内協力者、ナンバーツーと言っても良いでしょう、社長の
強力な味方が一人は必要です。
自己成長モデルの人です。今ではその作り方も分かってきました。

我々は事務所全体で顧問先様をお世話します。
一人の担当者に任せっきりではありません。色んな診療科がある親身な病院をイメージして
いただければと思います。

その会社その会社で、必要な資料、帳票を提供しています。なぜなら、一社ずつ特徴が違い
ますから、業績アップにつながる業績評価の帳票はオリジナルになってしまうのです。

これから中小企業が考えていかなければならないことは、成熟です。
成熟戦略の中での成長戦略です。
成熟戦略のポイントは目的志向的な分配です。社内リソース、資金、などの分配を成熟型に
変えていかねばうまくいかない会社がほとんどになってくることでしょう。

我々がお役に立てそうだと思われたなら、我々のセミナーでも個別相談でも、お問い合わせの
お電話でもよろしいです。
ご一報、ご接触ください。お会いしてお話をさせていただくことが第一歩ですから。

よろしくお願い致します。